ヘッドガスケット|交換費用(交換工賃)の概算という売るべき対策

ヘッドガスケット抜け

甚だ厄介な修理

になります。

なぜなら、ガスケットという部品本体は、車種にもよりますが、安いもので3,000円前後から、大きいものでも20,000円も出せば充分というくらいのものですのに関し、

工賃が恐ろしくおっきいもの

となるからだ。

最も、工場側としても、出来る限り安くあげたいはヤマヤマなのですが、ガスケットにたどり着くまでの作業が半端なく時間がかかりますし、

車種によっては丸3日間以上、終始おんなじ車に加わりっきり

になってしまうってこともありますので、そこそこの工賃はいただかないとできない作業だ。

ではそのヘッドガスケットは、なんで抜けてしまうのか、破れてしまうのか、かんたんにお話しましょう。

ヘッドガスケットの役目

一番上がシリンダーヘッド

一番下がエンジンブロック

の2つに分けられ、こういう2つの部品(というか物体)を結び付ける間に、今回のヘッドガスケットが存在します。

ヘッドガスケットは、金属同士の部品を合体させることで、その間に通り過ぎる冷却水やオイルなどが漏れて欠けるよう、液漏れを防いだり、圧縮した混合気を漏らさないようにするための「シール」になっています。

そうしてそのシールですガスケットは、エンジンの種類を通じて異なりますが、紙製のものもあれば、金属製のものもあったりって、バリエーションはさまざまとなっています。

ヘッドガスケットが破損すると

エンジン自体が正常に機能終わる

ようになってしまいます。

補足として、オイルのラインに冷却水が混じると、冷却水が詰まったりするほか、逆にオイルが水って交じることで乳化してしまい、きちんとエンジン内部に油膜が張れなくなって、結果エンジンの焼きつきを引き起こす原因となってしまう。

ですから、万一オーバーヒート状態になってしまったら、一刻も早くエンジンを止めて、ヘッドガスケットの破損を疑うようにください。

ヘッドガスケットの修理代

工賃がものすごく厳しい

のはご周知の通り。

タイミングベルト車はまだまだマシな方で、チェーン車になると、オイルパンまでまくる必要があるため、二度と相当な手間となることもあります。ひいては、V型エンジンや、水平対向エンジンも、普通の直列エンジンと比べて、シリンダーヘッドが左右に分かれているために、工賃も部品代も倍になってしまいます。

ここではざっくりとした見積もりになりますが、直列エンジンの場合の工賃は、作業時間を丸1日の8時間として計算して64,000円。ひいてはシリンダーヘッドを面研といって、歪んだ面をボーリング屋で研磨する必要があるため、約20,000円の研磨代を追加すると、

合計84,000円

という工賃になることが予測されます。そうしてV型や水平対向エンジンならその倍の

合計168,000円

といったところでしょうか。

ヘッドガスケットは、抜けてしまうといったとんでもない修理代が加わるということですね。

どうする? 今後の選択

修理講じる

エンジンカラカラ音長く愛車を乗られるなら修理

したほうが良いでしょう。ご自身での作業は、かなりの困難を極めます。途中までバラしてお手上げになってしまったら、工場に盛り込むことができないので、ヘッドガスケット交換の経験がない場合は、出来る限り工場に持ち込むことをおすすめします。

そうして工賃は10万円は覚悟しておいてください。まれに安く浮かせようとして、ヘッド面の研磨代をケチったり、ヘッド取り付け前の水圧テストをケチったりやる方もおられますが、組み付けた後になって後悔しても二度手間になりますので、あんまりその辺りの工賃はケチらないようにください。

放置やる

考え込む女性エンジンをかけてからオーバーヒートするまでの時間がザクザク短くなっていきます。

さらにオーバーヒートのまま乗り続けるという、

エンジン自体が熱で歪んで急にとどまる

ということもありますので、いよいよ

放置はおすすめできない

選択肢となりますね。

今の愛車の価値を分かる

<% module(88) %>

価値を見定める時の豆知識

もしも、ヘッドガスケットが抜けたままの車をまさに見て貰うのなら・・・

>>概算価格をチェック講じる<<



ヘッドガスケット抜けに関しましてー元凶や病状・交換にかかる価格や工賃など

エンジンは、大きく分けると、シリンダー阻止ってシリンダーヘッドに分かれます。ヘッドガスケット(シリンダーヘッドガスケット)は、そういったシリンダー阻止といったシリンダーヘッドの間に起こる、シリンダー頃の気密性を保つためのコンテンツのことです。瓦斯やオイル、アイシング水(クーラント液)などが抜かりないように密閉するための役回りを持っていて、マイカーが正常にはたらくために欠かせない大切なポイントの一つです。

0.1 ヘッドガスケット抜けの原因
0.2 ヘッドガスケット抜けの病状
1 ヘッドガスケット交換にかかる工賃・価格
2 マイカーを激しく扱うなら無料で一括払い見積り

ヘッドガスケット抜けの原因

ヘッドガスケットが踏ん張れる辺りを超えたストレスがかかったり、アイシング水不足でマイカーがオーバーヒートを起こして、シリンダーヘッドに極端な変形が起こったときに発生することが多いです。また、経年衰弱でヘッドガスケット抜けが起こることもあります。ヘッドガスケット抜けは、走行距離の多い軽自動車に起こりやすいです。

シリンダーヘッドガスケット抜けが起こるって、このポイントの役回りだ密閉性(ステッカー性)が失われて、エンジンオイルってアイシング水(クーラント液)が混ざったり、抑えていたストレスがウォーター路線(アイシング水路)に漏れてしまい、アイシング水に様子が混ざったり行なう。ヘッドガスケットが抜けたままの状態で乗り続けると、オーバーヒートしたり、ピストンやシリンダーヘッドの破損・エンジンの破損などの、深刻なエンジンジャンクにつながります。

シリンダーヘッドの交換やエンジン載せ替えとなると、直し費用が全く高額になるので、乗換えたほうがいいようなケースにもなるので、直ちに勘づくことが大切だ。
ヘッドガスケット抜けの病状

マフラー(排ガス口)から白煙(湯気)が生じる
ラジエータキャップを開けてみると気泡がポコポコ出ている
アイシング水といったオイルが混ざって白く濁る(カフェオレという色)
アイシング水が異常に減少講じる
アイシング水が滲みる
水温が異常に上昇始める

などの病状があります。
ヘッドガスケット交換にかかる工賃・価格

ヘッドガスケットの交換にかかる工賃や価格は、一般的には4?10万円辺りになります。あまり痛い出費ですね。とはいえ、ヘッドガスケットが抜けたままで放っておくと、いくらでも病状が悪化して、シリンダーヘッドの交換やエンジン載せ替えなどの、最悪のケースになることもあります。

わかりやすい病状もあるので、病状に気がついたら、早々直しに出すようにください。

ヘッドガスケットを交換そうなると言うことは

オーバーヒートか縮小過失かオイル過失が考えられます。

いずれも重オーバーホールなので出費は大きい。

※このサイトではオーバーホール士の歳月工賃を6000円で算出してあります。
ワークショップによってはもっと高いところもありますのであくまでもものさしみたいにお用いください
6000円〜8000円そばがオーバーホール士の歳月工賃としては組合せが多い金額だ。

ヘッドガスケット交換プライス

エンジンには大きく分けてシリンダーヘッドってシリンダー拒否に分かれて加わる。
その2つの合わせ目にはヘッドガスケットという瓦斯ケットにおいて、
縮小やオイルや水を封入しています。但しこの瓦斯ケットも経年悪化でオイル過失などを
誘発して訪れる。そうしたらヘッドガスケットを交換しないといけません。

オイル過失にでヘッドガスケット交換する操作

ヘッドガスケット交換は最適重オーバーホールの部類に入ります。なぜならば、ヘッドという拒否を分類
させるためには、瞬間ベルトやスパイラルを外さないといういけない。そして、インテークマニホールド
ってエキゾーストマニホールドもきらないといけない場合もあります。

瓦斯ケットは3000円位の内容

となり置きの軽自動車のヘッドガスケット交換工賃は5歳月位。工賃だけでも顕著です。
5歳月の工賃に6000円の歳月工賃をアップすると工賃30000円。
コイツに内容勘定。瞬間ベルトセットで2万円+ヘッドガスケット5000円+オイル3000円+
アイシング水2000円=内容勘定で3万円

内容勘定3万円+工賃3万円=6万円

ランサーのヘッドガスケット交換操作挿画

大概6万円位が一般的なヘッドガスケット交換プライスとなります。
工賃がかさむのが瞬間スパイラルの場合。スパイラルの場合はヘッド補償はもとより、
オイルパンを外さないってスパイラル補償が逸れない。なので指数も10歳月近くになってきます。
工賃だけで6万円を超えて現れるということですね。
再び強烈のがV部門エンジン。V部門エンジンになると、片バンクずつヘッドが存在するために
2ダブル現れるというわけですね。

プリウスを買取させるならここ